気心知れた友人がもたらす恋愛関係

学生時代の友人はやっぱり大切なのです

 

社会人は意外と出会いが少ないものです。このサイトで紹介しているように恋活サイトや婚活サイト、出会い系サイトなどのウェブサイトでの出会いも昨今では増えてきていますが、人見知りをしてしまう人だと慣れるまでは大変かもしれません。そうなると、なおさら出会いが少なくなってしまいますね。
そんなときに忘れないでほしいのは学生時代の友人です。社会人になってわかったかと思いますが、職場であれ仕事関係であれそこで親しくなった人は、多少でも仕事の上下関係や損得勘定などが絡んでくるので、学生時代の友人のように真の友とは言いがたいところもあります。学生時代の友人であればそういった関係もなく、本当の友として信頼し合っているのではないでしょうか。
そんな異性の友人関係から恋の関係に発展する場合もあります。友人同士の集まりの中で、歳を重ねるごとに大人になっていく過程を目の当たりにし、学生時代には気がつかなかった魅力を感じるかもしれません。
社会人は出会いが少ないかもしれませんが、これまでの交友関係を復活させることで、新たな発見と出会いがあるかもしれません。

 

 

友人から紹介されることもある

 

学生時代の友人と恋愛関係にならずとも、その友人のさらに別の交友関係から相手を紹介してもらうことだって可能です。合コンとかお見合いなどといった集まりにしなくとも、例えば夏であれば海水浴やキャンプ、日帰りのバーベキュー大会など遊びに出かけることでもお互いのことを知ることができますから有効です。
メールや携帯電話などが発展し、さらに学校だけでなくサークルなどの集まりも多種多様になっている現在、人間関係は広くなっています。社会人は出会いが少ないかもしれませんが、相手を探すのに必ずしも自分ひとりだけが動く必要もないのです。友人らの関係も動員することで、そこに見落としていた出会いがあるかもしれません。
学生時代の友人であれば、あなたが恋人がほしい、結婚したいという気持ちにきっと応えてくれずはずです。ですので、社会人だから出会いがないと嘆く前に、友人にも連絡をしてみましょう。