社会人の交際で意外と多いのが社内恋愛

職場に出会いは本当にない?

 

社会人の出会いが少ないのは職場や仕事関係での出会いを見逃しているからなのではないでしょうか。確かに職場での恋愛は仕事に支障をきたすことがあったり、周囲に気を遣わせるのでよくないとされていたり、また、上下関係によっては周囲から邪推をされることもあります。ですので、職場や仕事関係の恋愛は御法度という会社も少なくありません。
逆に言えば、周りに迷惑をかけず、大人の付き合いをすれば社内恋愛や職場内結婚もまったく問題はないのではないでしょうか。
社会人が平日に最も長く過ごすのは自宅ではなく職場です。実際、結婚している人は家族よりも職場の人と顔を合わせている時間が長くなります。よって、社内ではあなたのことをよく知る人が意外と多いのです。仕事をがんばっている姿や失敗をどのように乗り越えたか、後輩や同僚への気配りなど、あなたの魅力を見ている人はいるはずです。
そういった人と社内での飲み会や慰安旅行などで親しくなることで交際に発展することもあるでしょう。出会いが少ないと思っている社会人は今一度、職場を見回してみてください。

 

 

取引先などの仕事関係でも出会いはある!

 

職場だけでなく、取引先などでも出会いはあるものです。例えば、社内恋愛禁止令が出ている会社などでは当然、出会いのない社会人がたくさんいるわけです。そんな中にあなたが訪問することで、異性の人は必ずや興味を持って見ているはずです。そんな相手とメールや電話などのきっかけで交際に発展するかもしれません。
ここで言うまでもないですが、取引先などで出会った相手とはやや交際は注意しなければなりません。商売関係ですから、秘密事項などを決して漏らしてはいけないなど、社会人としての最低限のルールは必ず守らなければなりません。軍事関係などの特殊な仕事でない限りスパイ要員としてあなたに近づいてくるという異性はいないかとは思いますが、職場や仕事先に対するエチケットとしてそういったルールだけは最低限守りましょう。
というわけで、社会人だって実が出会いが少ないわけではないのです。灯台もと暗し。職場や仕事先に相手がいないか、今一度見てみましょう。